>
>
経営計画

経営計画

 

冨士機工(株)
代表取締役社長 吉岡 章

経営理念 『楽業偕喜』 らくぎょうかいき

楽業偕喜(らくぎょうかいき)

我が社すべての経営活動は、この理念に沿って行わることを理想とし掲げています。
楽に仕事をするということではなく、お客様から、そして社員の仲間から『ありがとう』と感謝された時の喜び、目標を達成した喜びをお客様、そして仲間と共に分かち合い、仕事を楽しいと感じること。それが我が社の理念とする『楽業偕喜』です。
我々は、人と人との関係性の中で活動しており、様々な感情・感覚・考え方の違いがある中で、社員一人一人が意識を持って団結し『楽業偕喜』を実践し共に成長していく会社でありたいと思っております。

ミッション

『関わる人すべてが幸せになることで、地域NO.1愛される会社になる』

 

資本主義である以上、競争社会であることは否めません。しかし、闇雲に価格競争に走 ることは我が社にとってプラスにはなりません。
我々のできうるサービスの質を日々磨き上げ、高めることを怠らず、お客様が喜ぶことを幸せと感じ、お客様の現場のお困り事を率先して解決することで、いつなんどきも「冨士機工」を思い出してもらえる、地域NO.1愛される会社になることを目指します。

 

冨士機工のビジネススタイル

『家(=冨士機工)』から『友達の家(=お客様の会社)』にいって
『友達(=お客 様)』と『謎解きゲーム(=仕事)』を一緒に遊ぶ(=仕事をする)

 

会社は、『家』であり、社員は『家族』。
そしてお客様は『友達』であり、お客様の現場の困りごとは『謎解きゲーム』。
仕事というものをとても楽しく、ワクワクするものだと考える。難問を抱えて帰ると信頼できる家族が待っている。みんなで知恵を絞って謎解きを考え、解決したら共に喜び、ま た新たな難問に挑戦する。

―――― 仕事や会社はそんな場所であり、それが理念にも掲げた『楽業偕喜』の大前提となります。営業がお客様のニーズを深掘りしつづけ、営業事務・配送営業・倉庫業務は営業のパフォーマンスをあげるために家族(チーム)一丸となって、お客様のニーズを的確に 捉え、満足にふさわしい答え(商材)を提案する。
認め合い、褒め合い、笑い合いながら、今欲しい情報を今伝えることができる。そんなビ ジネススタイルを確立し、お客様から『とりあえず冨士機工』と言ってもらえる会社を目指します。

 

社員心得 『 5つの宣言 』

『楽業偕喜』を理解し、意識して行動していこう!

 

  1. 地域に密着し、現場を見て、より良いものを提案します。
  2. 社員一丸となってお客様に応対します。
  3. 小さなことでも丁寧にお応えします。
  4. 『お客様を待たせない』気概を常に持って行動します。
  5. 新しいことにどんどん挑戦します。

部署ごとの心得

営業の心得

営業は、お客様と会社をつなぐ架け橋となる役割を担います。 何かあれば誰よりもまず自らが解決に乗り出し、率先して行動することが求められます。 各部署との連携にリーダーシップをとり、仲間を信頼し、会社全体の問題対処していく心 構えをもって業務に取り組んでいきます。

 

営業事務の心得

営業マンの最大限のパフォーマンスを引き出す重要な役割を担います。 営業マンの片腕となり、営業サポートしていく重要なポストであり、お客様から支持をさ れる能力の高い会社を目指す心構えをもって業務に取り組んでいきます。

 

配送営業の心得

営業が営業に専念できるよう、配送を専門として業務しますが、配送では、お客様や現 場の担当者と必ず対面する業務となります。 『ほかに何か聞いておくことはありませんか?』の一言で、新たなニーズの創出につな げ、営業をフォローしていく重要な役割であることを常に意識し、丁寧な配送、親切な営 業フォローに取り組んでいきます。

 

総務の心得

会社の潤滑油となり社員が安心して業務に専念できるよう、勤怠・システム・経理まで 幅広い管理のプロフェッショナルとしての心構えを持って業務します。 会社や社員の縁の下の力持ちとしての誇りをもち、各部署と連携を取り協力し合いながら業務に取り組んでいきます。

 

倉庫業務の心得

弊社では、在庫がありタイムリーに対応できることが大きな利点です。 その利点を常に意識し、営業事務としっかり連絡・報告の連携をとり、在庫管理、整理整 頓、引取り業務を行います。お客様にスムーズで気持ちの良いお取引をして頂くための重 要な業務であることを心得え取り組んでいきます。